高橋&デイビスについて

高橋&デイビス法律事務所・外国法共同事業は、ファイナンス、M&A、その他の企業法務の各分野において数多くの実務経験を積んできた日本 人弁護士チームと、カナダにおいて最も充実したジャパン・プラクティス・グループを有するDavis LLPとが日本で設立したジョイント・ベンチャーです。

高橋宏明弁護士を中心とする日本人弁護士チームは、国内外の金融機関及び事業会社の皆様のご支援の下、ストラクチャード・ファイナンス、プロジェクト・ファイナンス、PFI、バンキング、M&A、労働法その他の企業法務の分野を中心に業務を進めて参りました。

他 方、1892年に設立されカナダの主要都市全てに事務所を有するDavis LLPは、1940年代から、日本企業及び海外企業のカナダ進出並びに外国企業の日本進出をサポートして参りました。1997年には、カナダの法律事務所 として、初めて東京オフィスを開設いたしました。近年では、Davis LLPは、天然資源・エネルギーの開発及び取引、プロジェクト・ファイナンス、PPP、M&A、インフラストラクチャー、証券発行の各分野におい て、カナダにおけるリーディングファームとの評価を頂いております。

高橋&デイビス法律事務所・外国法共同事業は、長期にわたり日本と共に 歩んできたDavis LLPの歴史を踏まえ、今後も、日本において、クライアントの皆様のニーズにお応えしながら、皆様のご発展のために、主要な国内法律事務所と同一水準のコ ストで、かつ、質の高いリーガルサービスを提供して参ります。

その他の活動

当事務所は、最新の法制度・実務の動向について、クライアント・一般向けセミナーや書籍・雑誌の記事執筆など、対外的な活動に積極的に取り組むことにより、法制度・実務に関する議論の発展・深化に貢献しています。

また、当事務所は、官公庁・企業への弁護士の出向、刑事国選事件・当番弁護事件、弁護士会での委員会活動などの広範な活動を行っており、様々な形で社会に対しリーガルサービスを提供することにより、広く社会に貢献するよう努めております。

  • セミナー、記事執筆
  • 官公庁・企業への出向
  • 刑事国選・当番弁護
  • 弁護士会の委員会活動